千種の今池にあります高価買取専門店、おたからや今池店の鈴木です!!

皆さんはマーク・ジェイコブスについてどんなイメージでしょうか?

アメリカのハイブランドのひとつであり、東海岸のNY系ブランドに属します。

そんなマーク・ジェイコブスについてお伝えします。

マーク・ジェイコブスの歴史

皆さんはマーク・ジェイコブスという男性をご存知でしょうか?

自身の名前を冠したブランドを立ち上げたファッションデザイナーです。若くして才能を発揮し、有名ブランドでデザイナーとして引き抜かれた経歴もあります。今回は、若き天才マーク・ジェイコブスの人生について解説していきます。

生い立ち

1963年、ニューヨークでユダヤ系アメリカ人の家系に生まれました。小さいころからデザイナーを目指していた彼は、両親から刺繍や編み物を学びました。
15歳のときに伝説的なセレクトショップ「シャリヴァリ」で働き始め、将来を期待されていました。1981年に同地のハイスクール・オブ・アート・アンド・デザインを卒業。
1981年にファッション系の名門大学、「パーソンズ・スクール・オブ・デザイン」へ入学。在学中にペリー・エリス賞を最年少で受賞します。
これは、「アメリカファッションデザイナー協議会新人賞」という名誉あるものです。また、大学の「年間最優秀デザイン生徒賞」を受賞するなど、輝かしい成績を収めています。

ブランドの立ち上げ

1984年 ロバート・ダフィとともに「ジェイコブス・ダフィー・デザインズ」を設立。
1986年 米国オンワード樫山の支援で自らの会社を立ち上げ、「マーク・ジェイコブス」ブランドで初のコレクションを開催。翌年に新人デザイナー賞を最年少で受賞します。
1988年 ダフィとともに「ペリーエリス」へ入社。ここでレディースウェアのデザイナーとして働きます。グランジ・コレクションを発表し、自身の才能を十分に発揮したのです。

しかしマークのデザインは、ペリーエリスのブランドの方向性から徐々にずれていきました。革新的なマークと保守的なペリーとの間で意見が別れ、ついには契約満了を待たずに解雇されてしまったのです。
彼はこのタイミングで、「マーク・ジェイコブス・インターナショナル・カンパニー」を設立しました。

セカンドラインの開発とルイ・ヴィトンへの引き抜き

1996年に、セカンドライン「マーク・ジェイコブス・ルック」をスタート。翌年には、ルイ・ヴィトンのクリエイティブディレクターに抜擢されます。
レディ・メンズウェアとアクセサリーのデザインを担当し、98年の秋冬コレクションでデビューを飾りました。長らく業績が低迷していたルイ・ヴィトンの再生に大きく貢献したのです。
2003年、村上隆とのコラボを開催。「kawaii(かわいい)」を世界中に広めました。3億ドル以上の売上を出し、その名が大きく知られることになります。

2001年春より、「マーク・BY・マークジェイコブス」をスタート。ルイ・ヴィトンの経営母体であるLVMHグループが資本に参加することで、世界的にブランドが拡大しました。翌年にはフレグランスの事業に参加。
日本では原宿や青山に店舗を構え、若者から支持を集めています。
2014年にルイヴィトンのディレクターを退任。その翌年にマーク・BY・マークジェイコブスが終了し、「マーク・ジェイコブス」としてリスタートを切ります。そして、2018年を最後にメンズウェアから撤退しました。

マーク・ジェイコブス

ブランドについて

リュックやトートバッグが若者から人気があります。
マークジェイコブスのレディースバッグには、2wayや4wayなど、仕事でも休日でも様々なシーンでマルチに使えるアイテムが多く揃います。
幅広いライフスタイルに対応する機能性と、クールな印象のデザインが人気です。

ストラップの付け替えが可能なタイプもあり、目的に合わせて持ち方を変えられるところが魅力的です。
自分流にアレンジすることで、ひと味違う印象のバッグとして楽しめます。

また上質な素材も高評価を得る理由。
使われているのは、出産経験のある2歳以上の牛のレザーで、柔らかくてきめ細かいのが特徴です。
そこにシボ加工やスムース加工などを施すことで、高級感のある逸品に仕上げています。

上質な素材とどんなシーンにも合うデザイン、女性目線の使いやすい機能が備わったバッグは、多くのファンから支持されています。

マークジェイコブスの主要商品価格帯/ブランドのランク

・バッグ類=3万円から10万円
・財布=2万円前後
・靴=5万円前後
・腕時計=3-5万円
・衣料品=3-10万円くらいが中心

バッグ類はパリ系高級ブランドと比べて明らかに安く、
それが若い女性からの人気の一因になっているようです。

世界的なブランドながら衣料分野もかなり低価格です。

手ごろな大きさと使いやすい機能が魅力的なショルダー

スナップショットシリーズは、バッグのカラーに合わせて厳選されたキュートなギターストラップが特徴です。
ストラップは取り外し可能で好きな長さに調節できるため、クラッチとクロスボディの2wayに加え、ショルダースリングのようにも使えます。

また印象的なマークジェイコブスのダブルJのロゴマークと、バッグの向きを気にせず開閉できるダブルジッパーも人気のポイントです。

必要な身の回り品が収納できる手ごろな大きさと使いやすさで、普段使いのレディースバッグを探している方におすすめです。

女性らしい雰囲気のデザインが人気のバックパック

こちらは、ゴールドのファスナーとマークジェイコブスのメタルロゴがあしらわれたタグが女性らしさを演出しているバックパックです。

フロントの大きなファスナー式ポケットとクッション性のあるショルダー部分がおすすめのポイントで、小回り品の出し入れがしやすく、肩への負担が少ないと好評を得ています。

また、ハリのあるナイロン素材は軽くて丈夫なため、通勤に使う女性が増えています。
スタイリッシュに使えるリュックタイプのレディースバッグを探している方におすすめです。

まとめ

マーク・ジェイコブスは、デザイナーになるべくしてなった人だと言えます。才能があるのはもちろん、幼い頃から勉強を重ね努力を続けてきたことが成功に繋がっているのです。

大学の頃にはその才能を存分に発揮し、ルイ・ヴィトンから声がかかるほど実力を付けました。
その後自分のブランドを立ち上げ、世界的な人気を手にします。
2010年には、「世界で最も影響力のある100人」に選ばれました。

「いいものを作って送り出し、人々に楽しんでもらう」を最終ゴールとして掲げるマーク。
彼のデザインには、その思いが反映されています。今後、ファッション界にどのような刺激を与えてくれるのか楽しみです。