千種区の今池にあります高価買取専門店、おたからや今池店の鈴木です!!

ディオールというブランドは、クリスチャン・ディオールというデザイナーが築き上げたものだということは皆さんご存知だと思います。
しかし、ディオールの創設1946年で、クリスチャン・ディオールが死去したのが1957年なのでわずか12年の間に強烈な印象を残しこの世を去っていったことになるのです。

ディオールというブランドはクリスチャン・ディオールの死後、若き日のイヴ・サンローランや天才ジョン・ガリアーノといった数々の有名デザイナーによって支えられて今に至っています。

そんなディオールの歴史についてクリスチャン・ディオールの生い立ちから創業時代、そして現在に向けてどんな変遷を辿ったのか迫ってみます。

ディオールというブランドができるまで

「わたしのメゾンはわたしの命」という名言を残したディオール

ディオールの生家

クリスチャン・ディオールは1905年、フランス北西部ノルマンディー地方、マンシュ県・グランヴィルで、モーリス・ディオールの5人の子供の内の2人目として生まれました。

父親は肥料の生産事業を行う裕福な家庭でした。

ディオールは、若い頃から控えめな性格で空想が大好きな少年でしたが、幼き頃からキラキラしたもの、細工の美しいもの、花模様のものなどに惹きつけられていましが、まだまだ自分が将来デザイナーになるなんて想像もしていなかったのです。

1920年代の成長期には一家はパリに移住しました。しかしながら、夏のヴァカンスのたびにノルマンディーの海岸へと戻っていました。

当時流行っていたバッスル、コルセット、ペプラム・ジャケット、ダッチス・サテン、レース、リボンというのがディオールのファッションのイメージでしたが、モダニズムの台頭により、プリミティブアートやキュビズムの芸術、ル・コルビュジエの現代建築など芸術の街パリを歩く中で目に映る様々な芸術的光景がディオールの脳裏に焼き付いていきました。

ディオールの両親は息子に外交官になってほしいという望みがあったため、彼は父の言いつけを守り、パリ政治学院に進学しましたが、勉強よりも芸術活動に勤しむようになり、1928年、現代美術を扱うギャラリーをオープンしています。

このオープンにあたっては、ディオール家の名前を出さないことを条件に父から出資を受けており、ディオールのアーティストとしての一面とビジネスマンとしての一面がこの頃から開花しつつあったのかもしれません。

しかし、ディオールの華々しいデザイナー人生とは裏腹に1930年代のディオールは大きな不幸と苦労を重ねています。
1930年の25歳の頃、弟と母を立て続けに亡くし、さらに大恐慌により父が破産、ギャラリーも閉店を余儀なくされ、ディオールは裕福な暮らしから一転して無一文のホームレス状態にまでなってしまいました。 さらに結核をわずらい1年も療養に費やすことになります。

クリスチャンは病が開けると、当時パリで人気のスイス生まれのクチュリエであったロベール・ピゲのもとで1938年から働き始めますが、徴兵によりピゲのメゾンを離れることになります。
服役後の1941年、フランス人の偉大なクチュリエであったリュシアン・ルロンのもとでアシスタントを務め、同時期に同じアシスタントとして、後にフランスを代表するデザイナーとなる盟友ピエール・バルマンと出会います。
そして、ルロンのメゾンで働くクリスチャンに人生の転機が訪れます。繊維王や木綿王と呼ばれた大富豪マルセル・ブサックから、その才能が目に止まり資金援助を受けて、1946年にオートクチュールのメゾンを立ち上げます。これが「クリスチャンディオール (Christian Dior)」の始まりとなります。

マルセル・ブサック。この方と出逢わなければDIORはなかったでしょう

クリスチャン・ディオール 鮮烈なデビューから現在

ブサックの投資はとても異例なことだったので、シンデレラストーリーともいえるこのニュースはまたたく間に世間に広まりました。
デビューする前からクリスチャン・ディオールというデザイナーは話題の人物となったのです。

そして、その後単なる話題の人物から世界中から羨望の眼差しを受けるほどその名前が知れ渡るまでそう時間はかかりませんでした。

クリスチャン・ディオールのデビューは1947年の2月です
新しくオープンしたばかりのメゾン・クリスチャン・ディオールに人が詰めかけ、パリの街はちょっとした騒ぎになっていました。

オートクチュール界の重鎮レディ・ダイアナ・クーパーやハーバース・バザー誌の編集長カーメル・スノウなども続々と押しかけ、ハシゴを使って侵入しようとするものも現れるなどとにかく異様な光景でした。
そうした外の喧騒とは一転して中に入るとそこは金色の椅子やキラキラのシャンデリアなど19世紀の豪華な装飾が 施され、これまでのオートクチュール・コレクションにはない緊張感が漂い、そして観客たちはみな糸一本すら見逃すまいとして必死に身を乗り出し、コレクションに魅入ったのです。

鮮烈なデビューを飾ったクリスチャン・ディオールは、わずか数ヶ月で時の人になりました。
そして、そのメゾンは活気あふれるパリの中心的な存在となったのですが、その理由は衝撃的なデビューの余韻が冷めやらぬ中、毎シーズンごとにそのコレクションが進化するというところにあったのです。翌年の春夏シーズンでパリコレクションにデビューし、そこで発表したコロールラインは、そのシルエットの美しさからニュールックと呼ばれて流行しました。

以降、新しいラインを次々と発表したディオールは、名実ともに世界的なトップファッションデザイナーとしてその地位を確立し、1950年代のファッションをけん引していきます。

ディオールはファッションラインだけでなく、1948年に香水部門の「パルファン・クリスチャン・ディオール」を設立し、1954年には今もなお今もなお世界中で愛されるコスメラインを展開し大成功を収めています。

1957年、53歳の若さで心臓発作のためこの世を去ったディオールの遺志により、弱冠21歳のイブ・サンローランがデザインディレクターに抜擢されます。

その後も、数々の名デザイナーがディオールの遺志を受け継ぎ、現在もパリを代表するラグジュアリーブランドとして君臨しています。

ディオールの後継デザイナー:イヴ・サンローラン

ディオールのライバルといえば、やはりシャネル

ココ・シャネルとディオール

フランスにはルイ・ヴィトンやエルメスといったトップラグジュアリーブランドがありますが、その源流はトランクだったり、馬具だったりと比較するには少し毛色が違うでしょう。

ディオールとよく比較されるのはシャネルで、ココ・シャネルが女性解放を目指してコルセットを取り払ったシャネルスーツを生み出したのに対し、第2次世界大戦でココ・シャネルが一時的に引退している間に頭角を表したのがクリスチャン・ディオールなのです

このディオールのニュールック革命によってシャネルが改革し、取り払ったはずのいわゆる女性的なファッションがふたたびオートクチュールの主流となり、建築的ともいえる構造体をもったニュールックによって世界を席巻したのがディオールなのです。

こうした関係性もあり、特にココ・シャネルはクリスチャン・ディオールをかなり敵対視していたことも事実でディオールとシャネルは度々比較されるのです。また、同じくオートクチュールのレディースファッションを本流とし、香水やバッグなどの副次的なビジネスを展開しているという点でも非常に似通ったブランドと言えると思います。

さいごに

「ディオール(DIOR)」のアイコンバッグといえば、不朽の名作「レディ ディオール」です。1995年に「カナージュ」ラインを採用し発表され、発売前にダイアナ元妃に贈られました。すぐさま元妃は気に入られ持っている姿がメディアに映るとたちまち注目を集め、もともと別名であったそのバッグは、1996年ダイアナ元妃への敬意を込めて「レディ ディオール」と呼ばれるようになりました。
そのほかにも、ディオール(DIOR)の人気を支えるバッグとして「サドルバッグ」「ブックトート」などが、若者を中心に注目を集めています。

今回はディオールの歴史を駆け足でお伝えしました。ディオールのラインについてもお伝えしたいと思います!!