千種区の今池にあります高価買取専門店、おたからや今池店の鈴木です!!

皆さんがご存知のカルティエ(Cartier)というブランド。ジュエリーから時計まで幅広く展開していますが、魅力的な商品ばかりですよね♪

カルティエのアクセサリーを贈られたい!と思ったご経験があったり、現在も思っている方もいるかもしれません◎

そんな、カルティエ(Cartier)の歴史を見ながら、長い間、人気が絶えない真相について見ていきたいと思います。

カルティエの歴史

カルティエの本業は実は宝石商です。この事実に対して異論を唱える人はいないでしょう。

カルティエは、1847年に宝石細工職人のルイ=フランソワ・カルティエが、パリのモントルグイユ通り29番地に店を構えるジュエリー工房を師匠のアドルフ・ピカールから受け継いだことに始まります。

当時28歳であったフランスの若者が継いだこの工房こそ、後に世界を席巻するトップブランドに成長するカルティエの原点となります。

社名は創業者の名字に由来するもので、代々受け継がれて現代にも続いています。

1847年:超一流ジュエリーブランドカルティエの誕生

ルイ=フランソワ・カルティエが1847年に、アドルフ・ピカールから受け継いだジュエリー工房からカルティエの歴史が始まりました。

さらにその6年後に当たる1853年に、当時パリの繁華街であったヌーヴ・デ・プティ・シャン通り5番地(現在のパリ2区)にジュエリーブティックを開業するに至ります。このお店が、現在高級ブランドとして知られるカルティエのブティック第一号となります。

このエリアは王侯貴族といった上流階級、いわゆる富裕層の邸宅に近くそういった購買層の心をつかんで徐々に成長していきました。

1872年~

1872年には、息子のアルフレッドが共同経営者に招き入れられ、

1898年にはアルフレッドの息子ルイと一緒に共同経営者となります。

社名はこの時アルフレッドカルティエ&フィスと変更されています。

1903年 ガーランド様式とプラチナの融合

フランス皇帝ナポレオン3世の皇后ウジェニーを顧客とするなど、着実にその実力をフランス中に知られるようになると、カルティエは新たな挑戦を始めます。加工技術が成立して、歴史の浅いプラチナを世界で初めてジュエリーに利用したのです。

カルティエが取り入れたジュエリーは、レースの様な透かし柄で織りなす花網模様を特徴とするガーランド様式で表現され、その華やかで繊細なプラチナジュエリーは世界的な不朽の名作として現在も知られています。

1903年、カルティエ製

↑ガーランド・スタイルの典型を示すプラチナ製ティアラ兼ネックレス。左右対称のシダの葉のモチーフは、プラチナ台にブリリアント・カットとローズ・カットのダイヤモンドをセット。

1904年 王室御用達の地位確立からアノ時計の誕生

1904年になると、英国のエドワード7世やスペインのアルフォンソ13世の御用達に認められます。

経営を引き継いだ息子達は、見事に創業者の魂を受け継いでおり、ポルトガル国王やロシア皇帝にシャム国王の御用達の座を次々と獲得します。

名声は揺るぎないものとなっていて、一般に愛されるようになった現在でも、ブランドの魅力が輝き続けています。

そして同年、ジュエリーの分野で大成功を収めたカルティエはさらなる挑戦をします。それは腕時計の制作です。

世界的にその名を知られるようになったカルティエは、ブラジル人飛行家アルベルト・サントス=デュモンという海外の顧客から腕時計の制作を依頼されました。

のちに「カルティエ」の三代目当主となるルイ・カルティエがこの依頼を引き受け、カルティエの技術を腕時計に詰め込んだのです。

そのようにして生まれた腕時計「サントス」は、世界で初めて製造された男性用腕時計として現在もカルティエのラインに存在するベストセラーとなりました。

1916年に販売された初期型モデル。角型ケースやビスを配したベゼル、ローマ数字の正方形ダイアルなどの特徴的なデザインは現代まで受け継がれてきた

カルティエの「サントス」は「腕時計の先駆」と言われ、角型デザインの先駆者であっただけではありません。もう一つ見逃せない革新的な点がああります。それは、ビスを配したベゼルに象徴されるように、エレガントさとスポーティルックを併せ持つ、今で言えばラグジュアリー・スポーツウォッチに通じる洗練された趣味が備わっていたことです。20世紀初頭においては、そもそもスポーティな腕時計などというものは、どこにも存在しないのだから、「サントス」の独創的なコンセプトがいかに時代に先行していたかがわかります。

1914年:「パンテール・ドゥ・カルティエ」で爆発的な人気を誇る

1914年世界が戦争に向かって不安な方向へ向かう時代、カルティエではそんな世相を打ち破るような画期的な製品を発表します。フランス語で豹(パンサー)という意味を持つパンテール・ドゥ・カルティエです。

豹をモデルにしたこの腕時計は、ケースの側面へ腕を伸ばした豹の背中から頭、手のラインを表現したジュエリーウォッチとして発表されました。

そして、この優美で画期的なデザインの腕時計は瞬く間に高い人気を呼び、カルティエにおける腕時計の地位を不動のものにしました。

オニキスとダイヤモンドで表現された女性用ウォッチから始まりました

1919年:戦車からインスピレーションを得た「タンク」を発売

第一次世界大戦のときに、金属の走行を持ちながら車のように進む「タンク」は全世界に強烈な衝撃をもたらしました。そんな戦車をモチーフとして、1919年にカルティエが発表した腕時計が「タンク」です。

ルノーFT-17軽戦車をイメージし、ケースとラグが一体化した独創性あるデザインを採用し、さらにベゼルレスと言うデザイン上の特徴も持っています。

またタンクらしい堅牢性の高いデザインとなっており、実用面の高さでも人気を集めました。

初期のタンク

1924年:カルティエを象徴するジュエリー「トリニティ」を展開

トリニティとはキリスト教での三位一体を意味する言葉です。そんな言葉をモチーフにして、デザインされたカルティエのジュエリーラインがトリニティと呼ばれています。

トリニティは1924年に誕生し、3つのシンボルを中心にデザインされ、素材に愛・忠誠・友情を意味するピンク・イエロー・ホワイトの3つのゴールドを使用しているのが特徴です。

この画期的なデザインは発表当初から絶大な人気を誇り、リング・ブレスレット・イヤリングなど多数展開し、現在も人気ラインとしてカルティエの重要なアイコンとなっています。

Cartier自身がアウトプットしている文が底抜けに素晴らしいので抜粋させて頂きます。

・シンプルなリングが生み出すフォルムの美しさをジュエラーとしてどのように引き出すのか、というブランドビジョンを反映。
・ピュアなラインを描き完璧なプロポーションをつくり出す3本のリングは、互いの可動性を残しながら絡まり合い、3色に彩られる。
・ジュエリーと彫刻、フェミニンとマスキュリン、遊びと象徴の境界線に位置するアイコンリング。

このたった3つの短くも完璧な文を知るだけで作り手の精神的な部分も含めて隅々まで楽しめるはず!!

現行のトリニティリング

1930年:マラケシュ太守の要望から「パシャ」が誕生

パシャとはオスマン帝国の高官という意味です。そんな高い位にあるマラケシュの太守であった、エルジャヴィ公から依頼を受けて開発された腕時計がこの「パシャ」です。

過酷な環境でも正確な時間を刻めるように防水性能を高めたこの時計は、オスマン帝国で一般的だった数字表記、アラビア数字をカルティエの腕時計に初めて採用したモデルでもあります。

どこかオリエンタルな雰囲気を持つカルティエのラインでも、存在感の高いモデルとして現在も展開されています。

パシャ(初期型モデル)

2019年:サントスの最新モデル「サントス デュ カルティエ スケルトン LM」を発売

カルティエが世界で初めて開発した男性用腕時計「サントス」。このサントスを現代の解釈で世界に問うモデルが2019年に発売された最新モデル「サントス デュ カルティエ スケルトン LM」です。

特徴はサントスの基本デザインを踏襲しつつCal.9612 MCを採用している点です。さらにこの手巻きムーブメントは、自社製の現行品でパワーリザーブ約38時間という高い性能を誇ります。

さらに防水性能は100mと、装飾としての機能以外にも実用性が高いモデルとなっています。

まとめ

カルティエ(Cartier)の魅力は、やはり芸術的でセンスに溢れているデザイン性にあります。 実際にデザインの現場でも、芸術作品を生み出すつもりで試行錯誤が行われています。 つまり、このブランドの商品は身につけられる芸術作品といえるので、150年以上もの間愛され続けているわけです。

カルティエのでしゃばりすぎず品のあるデザイン性も魅力の一つではないでしょうか。

これからも愛されるべくブランドの一つであることは間違いないですね◎