こんにちは!高価買取専門店のおたからや今池店、江坂です!!

以前に書いたブログで、世界三大時計と言われている、

・パテック・フィリップ

・オーデマ・ピゲ

・ヴァシュロン・コンスタンタン

の歴史についてのブログを書かせていただきました。↓

 

どのブランドも素晴らしい歴史や技術を持っており、数多くの人々から愛される理由を理解できたかと思います!(してもらえてると思ってます!笑)

 

今回のブログでは、オーデマ・ピゲから出ている人気モデルや定番モデルなどを色々とご紹介していきたいと思います◎併せて、各モデルの価格や買取相場についても触れていきたいと思いますので、お楽しみに♪

※参考定価や買取相場が書かれていますが、変動している金額もあるので、あくまでご参考までにお楽しみください。


オーデマ・ピゲ

ジュウ渓谷の至宝とまで言われるオーデマ・ピゲ。1世紀以上グランドコンプリケーションを作り続ける、世界唯一のブランドです。

そんな複雑機構を搭載した時計を数多く世に生み出している同ブランドは、フラッグシップコレクションとなるロイヤルオークが有名であり、ロイヤルオークから派生したコレクションも存在しています。他にも「ミレネリーコレクション」や「ジュール・オーデマコレクション」「トラディションコレクション」「クラシックコレクション」など様々なコレクションを展開しています。

 

今回は、その中でも看板モデルとなっている「ロイヤルオークコレクション」に注目して書いていきたいと思います!!

それではお楽しみください♪

 

ロイヤルオーク・コレクション

1972年に生まれた不朽の名作。ラグジュアリースポーツウォッチのパイオニアで、今もメゾンの中核となっています。八角形のベゼルをビス留めし、文字盤は深く刻んだタペストリー装飾で彩られたデザインは、一目でロイヤルオークだと認知されるほどの存在感と芸術性を持っている。

ロイヤルオーク ミニッツリピーター スーパーソヌリ

日本ブティックに限定35本だけ販売されたレアモデル。チタンと銅の合金製音響板と、それを覆う空洞を持つ裏蓋によって、腕に着けた時の方が音がより共鳴する画期的なミニッツリピーターです。参考定価36,850,000円

 

圧倒的に流通数が少ないため、相場が構築されていない為、買取相場は出ません。。。

ロイヤルオーク オートマティック

搭載されているムーブメントが、Cal3120から新ムーブメントのCal4302に変更。その際にインデックスの形状なども見直されている。定番のロイヤルオークがこちらの一本。参考定価2,805,000円(ステンレスモデル)。

 

文字盤のカラーやベルト素材,ケースサイズなどに左右されますが、6,000,000円を目指せる個体もあります◎

ロイヤルオーク クロノグラフ

定番のロイヤルオークに、クロノグラフ機構を搭載したモデル。写真のモデルは、K18PGのケースとブレスの無垢タイプです。ゴージャスな見た目も端正なシルバー文字盤との組み合わせで上品な仕上がりに。参考定価7,400,000円(K18PG無垢モデル)。

 

こちらも上記モデルと同様に様々なモデルが出ているので、ひとくくりに相場はこれ!というのは難しいですが、ブルー文字盤ですと5,800,000円を狙えるものもあります!

ロイヤルオーク パーペチュアルカレンダー ウルトラシン

永久カレンダー搭載の超薄型モデル!ムーブメントの厚さは自動巻きにしてわずか2.89mmでケース厚も6.3mmに抑えられています。参考定価も、店舗へ要問合せが必要なため、不明となっています。


 

ロイヤルオーク オフショア・コレクション

ロイヤルオークのデザインを受け継ぎながら、その外観をよりパワフルな印象にしたコレクション。様々な新素材も積極的に導入し、エクストリームなスポーツの世界観がより強く表現されました。

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ

インデックスのアラビア数字が新鮮で目を引くモデル。新書体で文字盤も一新した。インダイヤルはスモールセコンドのみブラックで、積算計類はロジウムカラーとして、色で機能を切り分けました。参考定価5,720,000円(写真モデル)。

 

買取の相場ですが、Ref番により異なるので一概には言えませんが、3,000,000円を超えるモデルもありますよ!

ロイヤルオーク オフショア ダイバー

30気圧防水の本格ダイバーズモデルです。視認性の高い表示で、回転インナーベゼルにイエローで15分のダイビングスケールを刻んでいます。参考定価2,640,000円(写真モデル)。

 

買取相場は1,500,000円~1,800,000円となっています◎


 

ロイヤルオーク コンセプト・コレクション

ロイヤルオークコレクションのなかでも、一際特別感の強いハイエンドなコンプリケーション機能を搭載した、生産数も少ないレアなモデルです。

RO コンセプト トゥールビヨン クロノグラフ オープンワーク

コンセプトコレクション初の日本限定モデル。チタンケースにピンクゴールドブリッジを初めて組み合わせたデザインです。文字盤外周でペリフェラルローターが回転します。ジャパンブティック限定25本。参考定価41,850,000円。

 

圧倒的に本数が少ないため、相場は不明ですが、30,000,000円の買取実績もございます!!

RO コンセプト フライング トゥールビヨン GMT

9時位置に搭載されているフライングトゥールビヨンは、巨大なツインバレルの約237時間パワーリザーブです。参考定価は不明となっています。

RO コンセプト フロステッドゴールド フライングトゥールビヨン

ケース仕上げは、ダイヤモンドを装着した工具で仕上げているので、凍ったような表情に。文字盤上のサンバースト模様がトゥールビヨンのキャリッジと遺体感を生んでいるデザインです。

 

こちらの買取相場ですが、WGケースのモデルで20,000,000円前後が相場となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?看板コレクションの「ロイヤルオーク」に絞って紹介してきましたが、ロイヤルオークと一言にいっても、よりスポーティな見た目に進化したモデルや、複雑機構を搭載したコンプリケーションモデルまで幅広くありましたね。

 

冒頭にも書きましたが、同メゾンには他にも素晴らしいコレクションを多数持っています。写真でのご紹介となりますが、以下に少しだけご紹介いたします♪

CODE 11.59 バイ オーデマピゲ オートマティック

リマスター01 オーデマピゲ クロノグラフ

ミレネリー フロステッドゴールド オパールダイヤル

などなど。。どれも素敵なコレクションですね。

 

複雑機構を専門に扱っていたアトリエは、現在に至るまでコンプリケーションウォッチをメゾンの伝統としてきました。

価格としてみても、やはりコンプリケーションモデルの物は非常に高価ですが、それだけの技術が詰め込まれているということを知ってもらえたかと思います◎

 

買取相場についても併せてご紹介させていただきましたが、買取相場というのは日々変動しています。買取相場に限らず、正規店定価も年代によって変化しているのが現状です。

デザインや価格といった側面から、こうした時計の世界を知ることで、さらにいろいろな方が時計の世界に興味を持ってもらえるブログになったら幸いです♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!