千種区の今池にあります高価買取専門店、おたからや今池店の鈴木です!!

イギリスを代表するバーバリーは1856年に創業した英国を代表するラグジュアリーブランドです。ブランドの代名詞でもあるトレンチコートを中心に、ウェア、アクセサリー、コスメなど幅広い商品展開をしています。

バーバリーといえば一目見ただけで分かるバーバリー・チェックでも有名。そんな世界ランキング7位のバーバリーの創設から現在に至るまでの歴史や定番アイテムの魅力、求める人材、そしてバーバリーチェックについてお伝えいたします。

ブランドの誕生と歴史

BURBERRY(バーバリー)の創業者はトーマス・バーバリー。1856年、トーマス・バーバリーはわずか21歳でロンドンのベイジングストークに洋服店を開業しました。

この洋服店こそが、BURBERRY(バーバリー)

彼は、衣服は英国の天候から人々を守るものであるべきと考え、機能性や着心地に追及を重ねました。その結果、1879年に現在のバーバリーのカギとなる織物「ギャバジン」を開発しました。

ギャバジンは通気性に優れており、悪天候に強く丈夫な布地で、従来の重くて着心地が悪かったレインウェアに革命をもたらしました。その後、1888年にギャバジンは特許を取得。そのギャバジン素材を使用して製造されたのが「タイロッケンコート」。

1895年のボーア戦争でのイギリス人士官用に作られたコートで、タイロッケンとは「tie lock(ひもで締める)」という意味。ボタンやジップの代わりにベルトで固定するタイプのコートのことで、ベルトを留め具で固定するのが特徴的です。

現代もこのタイロッケンコートは人気を高めており、あえてオーバーサイズをゆったりと着こなすのがおしゃれ男子の間で流行しています。1912年にはタイロッケンコートが特許を取得。このタイロッケンコートは、ブランドの代名詞でもあるトレンチコートの前身と見なされています。

1914年~1918年の第一次世界大戦中にバーバリーのトレンチコートが開発されました。機能性の高い軍服への需要が高まり、タイロッケンコートにいくつかの修正を加えられたものがトレンチコートです。

さらに、1924年にはブランドのトレードマークでもあるバーバリーチェックがレインウェアの裏地として採用され世界中に認識されていきました。

1999年、ブランドのロゴを「Burberry’s」から「BURBERRY」に変更。2001年には、クリストファー・ベイリーがデザインディレクターに就任。そして2018年に、リカルド・ティッシがチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任しました。

時代を経て、今もなお国民から愛され続けているラグジュアリーブランドです。

代表アイテムは「トレンチコート」

先程お伝えしたように、バーバリーの代名詞でもあるトレンチコートは、第一次世界大戦中に考案されました。

手袋やホイッスルなどの軍用品を吊るすためのエポレット(肩のボタン部分)や、手榴弾の持ち運びに使われたDリング(ベルトに付いたD字型の金具)。

戦闘中の衝撃から身を守るガンフラップ(胸にある当て布)や、雨水が背中からすばやく流れ落ちるようにデザインされたストームシールドなど。軍人用に開発されたということもあり、戦闘用の機能的なディテールがたくさん備わっているんです。

普段何気なく着用しているトレンチコートのデザインが、そのような戦闘用の機能が備わったものだったとは驚きですよね!!

裏地のバーバリー・チェックはワンポイントとしてとてもおしゃれですよね。

キャメル色の生地に赤・黒・白のラインが入ったクラシックチェックは最も有名なのではないでしょうか。今ではチェックの種類も増え、シャツやバッグなどさまざまなアイテムに使用されています。

バーバリーが大切にしていること

BURBERRY(バーバリー)には大切にしている4つの精神があるようです。

1. お客様第一主義
バーバリーで働いている人たちは、製品、コミュニケーション、経験を通してお客様に喜んでいただくために共に働いています。お客様は、バーバリーの誇りです。

2. 揺るぎない信念と新しいアイデアの創出
チャンスや魅力を生み出す新しい可能性とソリューションを探すために、日々努力しています。バーバリーはオープンであり透明性のある会社です。

3. ワンチームで成長を
お客様とバーバリーの利益のために協力し合います。良い関係を築き、お互いを信頼し、感謝の気持ちを忘れません。メンバーみんなが共に成長し、すべての人の成功を応援しています。

4. 責任ある対応
パフォーマンスを重視し、常に最善を尽くします。機敏で、約束を守り、進歩を大切に行動します。

求める人材と働く環境

BURBERRY(バーバリー)ではブランドが好きな方はもちろん、お客様としっかり向き合った接客がしたい方や、ラグジュアリーブランドでスキルアップしたい方など、バーバリーと関わりたい方を歓迎されています。

160年以上の歴史があるBURBERRY(バーバリー)。ブランドの価値をさらに高めていくため、販売員のみなさん一人ひとりのサービスが大切です。心のこもったおもてなしでブランドのファンやあなたのファンをたくさんつくってくださいね。

また、バーバリーが店舗内で大切にしているのは、店舗スタッフ全員が一丸となって全力をつくすことです。店舗ごとに目標を設定されており、達成すればインセンティブの支給も。

女性が多く活躍する職場だからこそ、生理休暇や、産休・育休など、女性が安心して長く活躍できる制度が整っているのは安心ですね。

バーバリーチェック

キャメル地に黒・白・赤で構成されたバーバリーのチェックは細くて清楚な色合いが特徴で、「ヘイマーケットチェック」または「バーバリークラシックチェック」として知られています。

このチェック模様は1924年にバーバリーのトレンチコートの裏地に使用されたのが最初です。当時のイギリスでは「ウインドーペーン」(窓ガラスの意)といわれるタータンが多く使用されており、バーバリー・チェックは「カントリー・タータン」と呼ばれる柄からアレンジしたもので、公募で決定しました。現在は「バーバリーチェック」として登録商標となっているが、1967年に初めて裏地以外で傘やスカーフやバッグなどを含む各種アイテムに展開して広く使用されました。

バーバリー・チェックを含むバーバリーのコーポレートカラーには、日本限定のものを含めると、以下のバリエーションが存在します。近年は新たなチェック模様をデザインするなど、デザインの多様化が進みつつあります。

バーバリーチェックの種類をみていきましょう。

ノバチェック

後に若者市場向けに太いラインで菱形で斜めにラインを配置し幅を広く取ったパターンとして登場したもので、特に女性向けハンドバッグなどでさわやかなイメージを出したい場合に多用されている。

ハウスチェック

「バーバリーのチェック」といえばまずこちらのチェックを思い浮かべる方が多いと思います!

ヘイマーケットを大きく拡大し、カラーも濃茶や白を使用してコントラストをはっきりさせた幅広のチェック。2006年に「Runway show of S/S 06」にてクリストファー・ベイリーが発表しました。当初はコートやスーツやバッグのシャドウチェックなどを中心として使用されていましたが、最近はレディースのバッグや革小物のデザインに多用されています。

メガチェック

ハウスチェックのラインの幅広バージョン。別名「ジャイアントチェック」と呼ばれています。縦横に極太や細いラインを大胆に配置したカジュアル志向の強いチェックで、主に「バーバリー・ブリット」のシャツやバッグ、コート裏地などに多用されており、最近は子ども服にも使われており、注目されております。

こちらのような大き目のチェック柄がインパクトとなり、シャツであれば一枚羽織るだけでもコーディネートに華やかさがプラスされます。カラーバリエーションも多いのも特徴です。

スモークドチェック

ハウスチェックの色調をベージュ地にブラウンの濃淡のラインに変更した、落ち着いた印象のデザインとなっておりおります。主にレディースのバッグや革小物等に使用されています。

落ち着いた印象はコーディネートの中でも存在を発揮するもので、明るめの色と組み合わせることで全体のバランスを整えたり、無地のものと組み合わせたりすることでシンプルの中におしゃれを取り入れることが可能なデザインチェック柄です。

まさに大人コーデには欠かせないアイテム柄です。

ビートチェック

黒地にグレーの濃淡のラインを組み合わせたシャドウチェック調の落ち着いたチェック。

シックなカラーリングになるので落ち着いたお色味が好きな方にはお勧めのチェック柄です。

そのシックでクールなデザインはメンズラインのバッグや革小物などに多く使用されております。

大人な雰囲気やシンプルなデザインがお好きな男性にはぜひともおすすめなチェック柄でございます。

マイクロチェック

2009年ごろに誕生した新しいチェック柄です。

ブラックレーベル独特のデザインのチェックで、細かい網目の様なデザインになっています。

特にアウターに活用されており、マイクロチェックになるだけで上品さに。

デザインもシンプルにかっこいいということで男性の方達から人気が高いチェック柄です。

いろいろな場面で活用できるチェックなのでとても使用しやすい柄になります。

ブラックレーベルチェックと同じく、ライセンスブランドであったバーバリーブラックレーベル独自のデザインだったため現在では後継ブランドであるブラックレーベルクレストブリッジや、ブラックレーベルクレストブリッジで展開されています。

ブラックレーベルチェック

紺地または黒地に白と赤のカラーリングでシックでクールな印象となっております。

こちらの柄はコートの裏地やバッグ、革小物などに幅広く使用されその認知度は高く、日本オリジナル商品であるブラックレーベルにて使用されていました。

現在ではバーバリーブラックレーベルはブランドとしてなくなってしまいましたが、後継ブランドである「ブラックレーベルクレストブリッジ」にこちらのチェックはしっかりと受け継がれております◎

ブルーレーベルチェック

ブルーレーベルのみ使用のチェック柄で水色または薄いピンク地と白と赤が組み合わされた可愛らしカラーのチェック柄です。

メンズは黒地に白とベージュのカラーの組み合わせです。

メンズ、レディースとチェックの模様などがわかりやすく分けられているため使いやすいと人気があります。

チェックの色もお互い派手過ぎずシンプルでアイテムもバッグやアパレルなど幅広く展開しているので好きなアイテムを選ぶことが可能です。

現在、バーバリーでブルーレーベルを購入する事は出来ませんが、クレストブリッチに引き継がれております◎

まとめ

いかがでしたでしょうか。

残念ながら一部の柄は現在バーバーリーでの展開が無くなっていますが、バーバリーのチェック柄は、定番のノバチェックから日本独自のライセンスブランドであったブラックレーベル、ブルーレーベル限定のものまでさまざまな種類があります。特に今回ご紹介したチェック柄は登場してから長いものが多いですが、どれも素敵なデザインで今でも多くの人に愛されています。

現在ではバーバリーでの展開がない柄もありますが、今でも人気の高いものが多いです。
バーバリーといわれるとチェック柄を想像する方も多いくらい印象に残るおしゃれなバーバリーチェック。
最近ではモノグラムやドットといった違う模様も展開していますが、ぜひこれからもチェックしてください♪