千種区の今池にあります高価買取専門店、おたからや今池店の鈴木です!!

ロエベ(Loewe)は、高級レザーアイテムを取り扱うスペイン発のハイブランドです。

創業1846年と歴史は古く、1996年からはルイ・ヴィトンなどに代表されるLVMHグループに属しています。

特にバッグの取り扱いが多く、中でもアマソナはブランドの象徴とも言えるほどの根強い人気を誇ります。

今回は、小さな皮革工房からスタートしたロエベが、世界をリードするファッションブランドになるまでの軌跡をお届けいたします。

ロエベの歴史

1846年 ロエベのルーツ

1846年にマドリード市内のロボ通り(現在のエチェガライ通り)で、ロエベのルーツとなる皮革工房がスペインの職人数名によって開かれます。

当時はレザーケースやバッグ、財布や葉巻入れなど、レザー製品のみを扱っていました。

1872年、ドイツの職人であったエンリケ・ロエベ・レスベルグが、マドリードへ訪れてこの皮革工房を見学します。

その際、職人達の技術とシルクのような上質の革の品質や素材の高さに感銘を受け、工房で働くことを決めたことが、ロエベ誕生のきっかけです。

1892年 ロエベの誕生

マドリード市内のムンタニョラ家の子女との婚姻を機に資金援助を受けることとなる中、手掛ける製品がマドリードの貴族達を魅了するようになり、それにともなって工房の規模も徐々に大きくなり、1892年には、当時マドリード市内の流行の発信地として名の通っていたプリンシペ通りにて、店舗併設型の工房であるE.ロエベブティックを開いた。この頃より、製品全てにLeather Goods Factory(レザーグッズファクトリー)というエンブレムが施されるようになり、また、婦人用ハンドバッグの製作もスタートしました。

1905年 王室御用達の称号を獲得

当時有力な顧客であったコンキスタ公爵夫人によってスペイン王室に紹介され、高品質でオリジナリティ溢れるロエベの製品が高く評価されました。

主に貴族や富豪による革製の宝石箱など小回りの利く箱の製作で評判となり有名になり、後に革製の袋(バッグ)やトランクに進出。スペイン王室御用達で良質な革、Lの文字のモノグラムで有名。素材(品質)へのこだわりが強く、超高品質な革製品を使用。仔羊皮をなめしたナッパ素材を使用し、実際に使用するのはわずか数パーセントほどだと言われています。

これにより、アルフォンソ13世から王室御用達の称号を授かることになります。

アルフォンソ13世は王妃とともにマドリードにある店舗に足を運び、ロエベ製品をこよなく愛したそうで、現在のスペイン王室にも受け継がれています。

1910年代〜1950年代 国内での事業拡大と海外の貴族からの注目の高まり

この頃より国内での事業拡大を始めるようになり、バルセロナでの2号店オープンを皮切りに、国内主要都市にて続々と店舗をオープンし、それにともなった各所からの注文増にあわせて、1949年には主要工場も建設している。

この頃より製品領域も拡がり、新たにトラベル用品やインテリア小物、靴、ギフト製品が商品ラインナップに加わった事に加え、当時スペインに輸入されていた海外ブランドの販売権も獲得、シャルル・ジョルダンロジェ・ヴィヴィエクロエクリスチャン・ディオールといったブランド製品の販売も手掛けるようになった。

また1939年には、マドリードのビジネスの中心地でもあったグラン・ビア8番地にて、半円形のショーウインドウが特徴的なグラン・ビア店をオープンするが、ブティックの建設には、高名な建築家であるフランシスコ・フェレ・パルトロメが携わり、半円形のショーウインドウは、店先の通行人の目から店内をカモフラージュする効果があり、このような造りがラグジュアリー、洗練といったロエベのイメージを一層強める事となった。

1945年から1978年にかけては、デザイナー兼アート・ディレクターのホセ・ペレス・デ・ロサスがショーウインドウの設計に携わり、商品のディスプレイに留まらない、エレガントでかつ豪華で洗練された夢の舞台を演出したショーウインドウが話題となった。1950年代からは、ヨーロッパを中心に様々な国の貴族がロエベに訪れるようになり、グラン・ビア店のゲストブックには、当時のモナコ王妃であったグレース・ケリーなどといった名高い貴族の名が記されるようになった。

1959年には、マドリード市内のセラーノ通りに床面積900m2のブティックをオープンしたが、この店舗の建設にはスペインでも最も権威のある建築家、ハビエル・カルバハルが携わっており、当時のスペインでは馴染みの薄かったスカンジナビアスタイルと呼ばれる内装と外装にコントラストを効かせた店舗コンセプトが、アバンギャルドなブランドといった新たなロエベの評価を得るきっかけとなった。

1965年 「ウィメンズ・プレタポルテ」を開始

息子のエンリケ・ロエベ・リンチも事業に参入し、婦人向けの新ブランド「ウィメンズ・プレタポルテ」を開始します。

開業当初のデザイナーには、ラウラ・ビアジョッティやカール・ラガーフェルドを迎えました。

1970年~ アナグラムの誕生。そしてスペインから世界へ

1970年にはLが重なり合ったロエベの象徴であるアナグラムの誕生、また1975年にはロエベのアイコンバッグともいえるアマソナが発表されます。

成長を続けるロエベは1985年、ルイヴィトンと提携したことで世界への販売ルートを拡大しました。

1989年にはフランスはパリのアヴェニュー・モンテーニュにて、ロエベの海外初ブティックがオープン。

その後も世界中の都市でブティックを展開するようになりました。

伝統の中にもトレンドを加えたデザインと老舗レザーブランドならでは品質の高さは、スペインからヨーロッパへ、ヨーロッパから世界の人々までも魅了させます。

その後、1983年からは、ホセ・ルイス・トリビオがデザインを手掛ける(現在はフランシスコ・ポコービが手掛ける)紳士向けのメンズ・プレタポルテを展開、1987年には初の紳士物専門ブティックがマドリードにオープンした。

1985年~ ルイ・ヴィトンと販売契約を締結

1989年にはフランス・パリのアヴェニュー・モンテーニュに海外初のブティックをオープンし、その後も世界の主要都市でブティックを展開するようになった。

そして1996年、正式にLVMHグループの傘下となり、レザーアイテムとプレとプレタポルテの二つの柱を中心とした事業展開を行っています。

2014年、クリエイティブ・ディレクターにジョナサン・アンダーソンが就任。主にバッグ・財布類に描かれている、Lを4個組み合わせたブランドロゴのビジュアルが手直しされ、一部商品のテイストの刷新が行われました。

ロエベの刷新されたロゴ

ロエベの代表的な作品

ロエベの新定番「Gate(ゲート)」シリーズ

Gate(ゲート)は乗馬の際に使用する「鞍」をモチーフにしたバッグのシリーズ。2018年春夏コレクションで初めて登場して以来、ロエベの新定番としてファンの人気を集めています。素材には最高品質のレザーのみを使用し、使えば使うほど味のある風合いに。

サイドに取り付けられたメタルピンと、そこから垂れ下がるレザーストラップが特徴で、フロントでベルトリボンを結んだシルエットは持つ人の女性らしさを引き立てます。

個性的なデザインが目をひくPuzzle(パズル)

2015年春夏のウィメンズコレクションで発表された、ジョナサン・アンダーソンによる初のアイコンバッグが「パズル」です。日本の折り紙をヒントに作られたこのバッグは、40以上のレザーパーツから作られ、独特の幾何学的なデザインとなっています。

一見、個性的で取り入れづらそうですが、落ち着いたベーシックカラーを選べば、どんな服装にもマッチします。トップハンドル、ショルダー、クロスボディ、ボディバッグ、クラッチバッグと、なんと5WAYで使用できるのもパズルの特徴です。

新たなアイコンバッグ候補Hammock(ハンモック)

ロエベの新たなアイコンバッグとなりつつあるのが「ハンモック」です。週に100個以上も売れる時があるというハンモック。

その特徴は、用途に合わせて6WAYで変化させられる柔軟なフォルムでしょう。シーンやコーディネートに合わせて使い分けることができます。

まとめ

創業から140年以上経ち、歴史と伝統あふれるロエベ。

以前はセレブやマダムが愛用するブランドという気品高いイメージが強かったですが、2013年に若き新デザイナー、ジョナサン・アンダーソンを迎え、トレンドが効いたデザインはより幅広い年代に受け入れられるようになりました。

インスタグラムやフェイスブックなどのSNS上では、定番アイテムだけでなく、ゾウをモチーフにした個性的なスマホケースや、ウェッジソールなどのファッショアイテムを着こなしに取り入れている姿が見られます。

そんな世界中の人々に愛されてやまないロエベは、小さな皮革工房からスタートしたと知るとなんだか感慨深さを感じてしまいますよね。これからも様々なトレンドを吸収し、革新を続けていくロエベから目が離せません。

またカジュアルからフォーマルまで、どんな場面にも寄り添うロエベのバッグは必ず頼れる存在になってくれるはずなので、ぜひ自分へのご褒美に購入してみてはいかがでしょうか。