千種の今池にあります高価買取専門店、おたからや今池店の鈴木です!!

今やLOUIS VUITTONの代名詞的な扱いをされている大人気のオンザゴー。

オンザゴーという名前の由来は明記されていませんが、英語の「on the go」という意味を考えると、いつも忙しく活動している方向けに活躍できるバッグとして作られたのではないかと考察できます。

また、その時々の様々なデザインをリリースしているのも人気の一つだと思います。

そんなオンザゴーについてお話します。

オンザゴーの歴史

2019年~

オンザゴーが登場したのは意外と最近!2019年です。
当時は、GMサイズ(一番大きいサイズ)かつ、2019年のサマー・カプセル・コレクション(コレクションモデル)のみの展開でした。
これだけ不動の人気の立場になったオンザゴーなのですが、実はコレクションモデルから始まったのはなかなか意外ですよね!

サマー・カプセル・コレクション

2019年の秋ごろには追って【ジャイアントモノグラム】【※現在は廃番】のオンザゴーGMがラインナップに参戦します。

ジャイアントモノグラム

モノグラムアンプラント

トレンド性の高いジャイアントモノグラムを模し、かつ展開の少ないかっちり系トートバッグともあって、人気はうなぎのぼりに!!オンザゴーをお持ちのお客様はご存じかと思いますが、このGMサイズがまあ・・・「大きすぎる」のです。

GMサイズは41 x 34 x 19 cm。1泊の旅行でも問題ないくらいの大きさです。

横幅41㎝ともあり、GMをさらっとお持ちになられる女性はなかなかいらっしゃらないと思います。
男性にはちょうど良いサイズなのかもしれないですが、日常使いとなると女性にはかなり大きすぎるサイズ。

オンザゴーに限らずですが、ルイヴィトンの製品自体欧米の方の体格に合わせて作られたものが多いです。

2020年~

一回り小さなMMサイズが【ジャイアントモノグラム】・【エピ※現在は廃番】の展開で登場します。

MMサイズは幅35 x 高さ27 x マチ14 cmとなっていて、収納力に優れ、日常使いに最適なバッグです。

ジャイアントモノグラムMM

オンザゴー エピMM(チャーム付き!)

A4サイズがするっと入り、日本人の平均的な体格の女性でもさらっと持てるサイズ感・・・
皆様のお察しの通り、絶対的・圧倒的人気を博してしまいます。
モノグラムジャイアントのものに関しては当時の定価が約26万円ほどだったと思うのですが、一時は超品薄でプレ値販売(35万円前後)がデフォルト状態でした。

2021年以降

2021年5月にはさらに一回り小さな【オンザゴーPM※現状アンプラント素材の展開のみ】、
モノグラムアンプラント素材の【オンザゴーMM】が登場します。
ここまで短時間でヴィトンの顔となったアイコンバッグも、そうそうないのではないでしょうか。

サイズは幅25 x高さ 19 x マチ11.5 cm。

モノグラム・アンプラント レザーをアップデートし、モノグラム・ジャイアント パターンをバイカラーのエンボス加工で施して仕立てあります。

「オンザゴー」を再解釈したバッグは、コンパクトでありながら、iPad Miniなどの必需品がしっかりと入る収納力が魅力です。

肩紐はなく、ショルダーか手持ちの2wayでお使いいただけます。

なぜオンザゴーがこれほど人気なのか

短期間でこれだけ飛躍的に浸透した「オンザゴー」ですが、「それでもなぜここまで人気になったのか分からない」と疑問に思う方もいると思います。では、なぜ短期間で人気のモデルへと成長したのでしょうか。

人気の要因は下記の通りになります。

●幅広いサイズで使いやすくなった
●収納性抜群で唯一無二のデザイン
●他のモデルにはない色合い

では、それぞれの要因をひとつずつ見ていきましょう。

【幅広いサイズで使いやすくなった】
1.人気の要因のひとつが幅広いサイズを展開したことで、さまざまなニーズに対応できるようになったことでしょう。また、男女兼用で使用できるサイズにしたことで使いやすさも各段にアップしました。

【収納性抜群で唯一無二のデザイン】
2.先述したとおり、A4サイズのファイルが入る収納性があります。加えて、モノグラムリバース(表面と裏面で全く異なるデザイン)を採用。他にはない唯一無二のデザインが魅力的といえます。

【他のモデルにはない色合い】
3.サマーカプセルコレクションとして誕生したモデルのため、鮮やかな色を使用したモデルも存在します。今後も他のモデルにはない独創的なデザインに期待できます。

オンザゴーの今後

トレンドを押さえるのに欠かせない、「Instagram」や「Twitter」、「YouTube」、有名雑誌でも頻繁にとりあげられています。

今後も引き続きルイ・ヴィトンの人気モデルとして浸透し続けると考えられます。

SNSのコメントを拝見すると、やはり一目で分かるデザイン性と抜群の収納性に関する高評価が多い印象を受けます。近年では、ヴィンテージシャネルのマトラッセが流行ったことから、サイズが近いPMサイズも女性に人気です。

また有名人もSNSを介してアップしていることから、オンザゴーの新作が出るたび売り切れになること間違いなし!

2021年~2022年に販売されたオンザゴーをご紹介します。

2021年

まずコチラ!

2021年の新作としては、「レオパード×秋」を取り入れた斬新なデザインの「オンザゴーMM」が発売されています。素材は牛革を使用しており、可愛らしさと高級感を兼ね備えたモデルといえるでしょう。サイズも普段使いには十分な大きさです。

 

続いてコチラ!

2021年の秋から冬のモデルとして発売されるポップなハンドペイント・モノグラムです。従来の高級感を保ちつつ、遊び心も兼ね備えた魅力的なデザインになっています。素材はモノグラムとキャンバスになっており、ポケットが複数ついているので収納性も抜群です。また、金具はゴールドを使用しているので高級感を感じることもできます。

 

最後にコチラ!!

ルイ・ヴィトンとフォルナセッティによるコラボレーション・コレクションです。カーフレザーを使用しており、ルイ・ヴィトンのデザインに古代ギリシャやローマの世界をモチーフにしたアート「フォルナセッティ」を融合させた作りとなっています。他のモデルとは違い、素材はカーフレザーを使用していることが最大の特徴といえます。ジャイアントモノグラムを使用していないので、今までの「オンザゴー」のイメージを覆すような斬新なデザインとなっています。

2022年新作★

2022SSとして発売されたデニム生地のオンザゴー。ハンドペイントモノグラム同様、遊び心も兼ね備えた魅力的なデザインになっています。素材はモノグラムとキャンバスになっており、ポケットが複数ついているので収納性も抜群です。また、ハンドル・チャームが赤色っていうのが憎いですね!

コチラも2022SSに発売されたデニムのモノグラムタイプになります。どちらのタイプのデニムがお好みですか?

まとめ

今回は、「オンザゴー」の概要から人気の理由、購入時の注意点、本物と偽物の見分け方を詳しく紹介しました。オンザゴーは発売されてまだ2年ですが、短期間で世界中に愛されるような人気バッグへと成長しました。今後も、トレンドバッグの筆頭としてネットや雑誌で取り上げられる可能性が高いでしょう。

さいごに「オンザゴー」の覚えておきたいポイントを下記にまとめさせていただきます。

●2019年に発売されたルイ・ヴィトン注目のトートバッグ
●ジャイアントモノグラムと高い収納性が特徴
●本物と偽物かどうかの確認が必要(ネットにも載ってます♪)
●購入時はルイ・ヴィトンの正規店か信頼できる中古販売店がおすすめ
以上をポイントとして覚えておけば「オンザゴー」を安心して購入することが可能です。
そして、オンザゴーは今後より人気出て日本の正規店でも購入できない可能性があります。在庫のある場合はぜひ購入しておきたいバッグといえます。

また、近年新しい商品を購入するために、不要なブランドを買取専門店で売り、その資金を新しい商品の資金にしている方も多くいます。

その際は是非おたからや今池店へご相談ください◎