おたからや今池店の鈴木です!

オパールは「神の石」として古来から珍重されてきた宝石で、ブラックオパールやホワイトオパールなど種類が豊富な石です。また、見る角度によって色の変化を楽しむ「プレイオブカラー(遊色効果)」を有するのも特徴の1つ。

古代インドのサンスクリット語で貴重な石を表す「ウパラ」が変化したものです。その後、貴石を意味するラテン語のオパルス(Opalus)に由来し、古代ローマ人はオパールを愛と希望の遺志と信じていました。

そんなオパールを紹介させていただきます。

オパールの特徴

オパールは、宝石の中で色が躍っているように見える「プレイオブカラー(遊色効果)」を有する宝石です。プレイオブカラーは、凝集した二酸化ケイ素の小さな球が水と混ざることでピラミッド型の格子を作り、この中で光が分かれて乱反射することで起こります。

種類にもよりますが、プレイオブカラーを持つオパールは、ずっと眺めていられるほどドラマティックな美しさです。一般的にオパールというと乳白色のような色合いを想像する人が多いですが、実はさまざまな種類があり、それぞれ特有のカラーを持っています。

オパールの産出国・産出地

・オーストラリア:ライトニング・リッジ/Lightning Ridge、クイーンズランド/Queensland、ウイントン/Winton、ホワイトクリフ/White Cliffe、コロイット(コロイト)、ヤワー、クーピー、エロマンガ/Eromanga、ジャンダー、クーバーペディ/Coober Pedy、アンダムーカ/Andamooka
・メキシコ:マグダレナ/Magdalena、ケレタロ/Queretaro
・エチオピア連邦民主共和国:ウォロ(ウェロ)/Wello
・アメリカ:ネバダ(ネヴァダ)/Nevada
・ブラジル:全域
・ペルー:全域
・タンザニア:全域
・ジンバブエ:全域
・南アフリカ共和国:全域
・日本:全域
・カザフスタン共和国:全域

オパールの種類

オパールには、炎のような赤やトロピカルブルー、夜空を思わせるブラックまで、さまざまなカラーがあります。ここでは、代表的なオパールの種類を解説します。

ブラックオパール

ブラックオパールは、名前だけ聞いたことがあるという方も多いのでは?
これが最初に発見されたのはオーストラリアで、別名「オパールの王」と言います。この別名が示す通り、オパールの中でも一番人気と言っても過言ではありません。

ブラックというとオパールらしくないかもしれませんが、この黒があることで虹色が逆に際立ってキレイに見えます。夜空に浮かぶオーロラのような幻想的な輝きは、深みを感じる独特の色合いで見るものを惹き付けます。
もちろん物にもよりますが、一般的に思い描くオパールと比べると、先ほど紹介した「遊色効果」がより際立つと言われています。見る角度によって色が変わることはオパールの最大の特徴ですから、ブラックオパールがオパールの王であるのも頷けますね。ただブラックオパールは人気がありますが、採掘量は年々減少にあるようです。

ボルダーオパール

ボルダーオパールは、オーストラリアのさまざまな場所で採掘されます。鉄鋼石の割れ目に流れ込んで形成されるボルダーオパールは、母岩とともにカットされ、母岩も宝石の一部になります。目を引くような鮮やかな色合いは、奥深く神秘的な印象。宝石愛好家の間で人気に火が付き、現在でも多くの人に愛されています。

ファイヤーオパール

ファイヤーオパールの色は、赤や黄色がメインです。名前に「ファイヤー」と付いているだけあって、太陽や火を思わせるような強い色が魅力的です。メキシコ産やブラジル産など、中南米で取れやすいです。こちらもグリーンオパールと同じく「遊色効果」はあまりないのですが、高い透明度が人気です。勢いよく燃える炎を思わせるけれど、透明感があるので宝石らしさが一段と際立っています。

ファイヤーオパールは、アステカ帝国時代から「情熱的な愛」の象徴として大事にしてきたそうです。これだけキレイな石が取れたとあれば、昔の人でも重宝するでしょう。その色が「愛」に結びついたのも素敵な逸話ですね。ただ、これだけキレイなオパールなのですが、発掘規制が新しくなったことにより生産量は減ってきていますが、希少価値が上がっているため人気も高まっているようです。

グリーンオパール

グリーンオパールは、その名の通り見た目が緑のオパールです。半透明に透けて見えることが特徴です。こちらはタンザナイトが発掘される地域と同じ、タンザニアで取れます。オパールの特徴である「遊色効果」がないので、オパールらしくないと思う方も多いかもしれませんね。確かに、別の宝石と似ているため素人では「これがオパール?」と感じるでしょう。

しかし、グリーンオパールはミント色、もしくはアップルグリーンと言われ、色合いが好きな人にはとても愛されています。知る人ぞ知るオパールという感じですね!

ジェリーオパール

ジェリーオパールは、その名の通りゼリーのような見た目が特徴的で、時にクリスタルオパール、またはウォーターオパールと言われます。もしハリーポッターの百味ビーンズを知っている方がいれば、あのビーンズがもう少し透明感を持った感じに似ていると言えば伝わりやすいでしょうか。

時折オパレッセンスと言われる青みがかった光沢が見られるのが人気の秘密。透明度が高いため、日の光に当てるとキラキラと強く輝きます。

まとめ

オパールは、どれひとつとして同じ表情をもたず、たくさんの意味を秘めた、個性豊かな宝石です。

そのためすべてのオパールが「世界に一つ」としての価値があり、あなただけのオパールの輝きとなってくれることでしょう。

“世界に一つ”あなただけの輝きをぜひみつけてください♪