おたからや今池店の鈴木です!

ペツォッタイト』と宝石は聞いたことがありますか?

宝石ががかなり好きな人であれば知っているかもしれませんが、一般的にはほとんど知られていないかもしれませんね。というのもこのペツォッタイトという宝石は2002年マダガスカルで発見され、翌年の2003年になり国際鉱物学連合(IMA)に新鉱物と認められたまだまだ新しい宝石だからです。
ペツォッタイトはラズベリーのような美しいピンク色が魅力の宝石で、鉱物的にもベリル種に非常に似ているためラズベリルやラズベリーベリル等という商品名で販売されていることもありますが、実際にはベリルとは全く違う鉱物です。
今回はそんな『ペツォッタイト』についてご紹介したいと思います♪

ペツォッタイトについて

「ペツォッタイト Pezzottaite」はレッド~ピンク~オレンジピンクのラズベリーカラーを持つ魅力あふれる宝石です。

ペツォッタイトが注目される最大の理由はその希少価値にあります。

最初にペツォッタイトが発見されたマダガスカルほか、ミャンマー、アフガニスタン、ポーランドなど非常に限定された場所でしか見つかっていません。

また宝石と呼べるクオリティ・サイズの原石はめったに採掘されることはありません。

しかしトパーズやスピネルと同等の硬度(モース硬度8)を持ち、美しい色合いは、鉱物コレクターやジュエリーデザイナーといった人々を強くひきつけてきました。

モース硬度は8。比重は3.1。特徴的な桃色はマンガンイオンの色中心による彩色です。

比較的インクルージョンが多く、濁りの少ない宝石質の物は少ないとされる。また、チューブインクルージョンのある石の中にはシャトヤンシーを示すものもあります。

ペツォッタイトキャッツアイ

ペツォッタイト産出国と価値

マダガスカル、アフガニスタン、ミャンマーで産出されます。

産出量はわずかで、その中でも品質の高い、価値のあるペツォッタイトは極めて珍しい、希少性の高い石といわれています。

最初に発見されたマダガスカルのサカバラン鉱山では、すでに掘り尽くされたという噂もあるくらいです。

あまり大きな石は産出せず、ほとんどのペツォッタイトの宝石は、1カラットから2カラットと小さなものだといわれています。

またペツォッタイトは、限られた鉱山にてまれに産出される石です。その中で、濁りが少ない宝石質(※)のものはさらにまれにしか採石されないため、希少石として位置付けられています。

宝石質として採石される、そのほとんども、1ctに満たない重さのものが中心で、多くのインクルージョン(内包物)を含んでいます。

ラズベリー色が顕著で、透明度の高いものが最高級とされていますが、インクルージョンもペツォッタイトの特徴のひとつとして、容認されています。

宝石としての歴史は浅い石ですが、希少石であることはもちろん、耐久性や石そのものの美しさもあいまって、宝石コレクターにも非常に人気のある石となっています。

因みにペツォッタイトはペグマタイトから手掘りで採掘するため、産出量も微量で、採掘にも時間がかかりるそうです。

※ 「宝石質」とは:原石の段階で、“宝石になる可能性のある石”と判断されたものを指します。天然石ビーズなどの販売業者が、宝石に次ぐ品質の石のことを「宝石質」と呼ぶ例もありますが、ここでいう「宝石質」とは前者のことです。

パワーストーンとして

純粋、愛、信念、誠実、決断、勇敢、単純明快

ペツォッタイトは、決然と愛を掲げている石です。
「この愛こそ、私の全てである。」と、誰に対しても堂々と言える愛を、そして信念を持っています。

決断をしなければならないときに、自身が納得する形に導いてくれるパワーストーンとして、認知されてきている新しい石です。

恋愛のみならず、大きな意味での「愛」に包まれたいと思う場合にも有効で、「愛」に向き合う強さや心の在り方、またポジティブな明るさを持つためのサポートをしてくれる石でもあるとされています。

この石が向かい風を追い風に変えてしまえるパワーを持ってあなたを守り、更なる純粋な愛へと誘っては、愛が生み出す様々な物語を見せてくれるに違いありません。

不思議なのは、こんなにも熱く決意に満ちているにも関わらず、この石は実に軽やかです。
重苦しい雰囲気とは逆に、今にも天に届きそうな上昇するエネルギーで満ちています。
難しい事をしているようで、実際はとても単純な事を成しているのだと、この石はピュアでシンプルな存在であるのだと、同じ地点に立てば分かるはずです。

この石と過ごすことにより、いつしかあなたも後ずさりする事無く、信じるものに向かって邁進していけるようになるでしょう。
その決意が確かであればある程に、あなたは空高く舞い上がり、広大な景色を目にして行く事になります。
ひとつの強い想いを抱く事で、その足が小さな世界に捕われるのではなく、より広い世界へ旅立てる燃料になるのだと学んでいけるに違いありません。

そして、ここでいう愛は男女間ものだけではなく、もっともっと広い意味での愛ですよ。

まとめ

今回は2003年に鉱物と認められたまだまだ新しい宝石ペツォッタイトについてご紹介しました。この宝石は非常に美しいラズベリーカラーを持っており、その産出量の少なさから希少石として非常に高い人気を持っています。また、『ペツォッタイト』は耐久性、美しさ、希少性とジェムストーンに必要な要素を全て兼ね備えており、今後もその人気は上がっていくと考えられています。自分の好みに合う石と出会えた場合は、ぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか?