千種の今池にあります高価買取専門店、おたからや今池店の鈴木です!!

今回はコレ↑お目にかかったことはございますか??

ケリードール」と呼ばれる、エルメス出身の子なんです。

現在、非常に入手困難のアイテムとなっており、買取業界でも破格値となっております。

そんなケリードールをご紹介します。

愛らしい顔をしたケリードールとは一体何者か

ケリードールは1999年に、エルメスのCEOであったジーン・ルイス・ドゥーマスが考案したことから始まりです。彼は魅力的でユニークなデザインの才能にも長けていました。彼が鉛筆を手に取ると、常にファンタジーとウィットに富んだ作品が描き出されます。

エルメスのイメージとは程遠い、ユニークでキュートなデザインのケリードールは、1900年代が終わり、プレミアムな2000年を記念して発売されました。

 

ケリーに愛らしいクリクリっとした目に、にっこりとした口をつけ、金具部分が鼻、足もつき、そして普段バッグを留めるベルト部分が手へとデザインされた何とも愛らしいバッグなのです。アニメのキャラクターのようなコミカルで斬新なケリー。

いわばバッグというより、お人形さんです。手を動かすことができるので、色々が表情を作って楽しめる点みファンにはたまりません。

その名前の由来は、ケリーバッグのドールデザイン、ということもありますが、フランス語で「なんてアイドル!」という意味のQuelle Idoleが似ている発音があります。

発売した直後、エルメスでは想像できないユニークなデザイン性と、キュートなサイズ感から爆発的な人気を集めました。また本当の人形のように、一緒にお出かけすることも可能ですし、バッグにチャームとしてもプラスできます。
限定発売されて以降、1度も新品を生産されていないケリードール。それでも年々人気が高まっていました。
2015年にはシンガポールの建国50周年を記念して、限定のケリードールが制作されました。発売から20年経った現在でも需要と人気が高いケリードールは、エルメスフリークの憧れるアイテムでもあります。

この特別なケリードールは、構想から製造、販売まで7ヶ月の時間を費やしたもので、「エルメスレザーフォーエヴァー」という展示会の際に発表されました。2000年に誕生したケリードールとは違って、シンガポールの街並みからインスピレーションを受けカラフルで華やかなデザインが加えられていることが特徴となっております。

同じ顔でも雰囲気が異なる?ケリードール×素材

2000年に発売されたケリードールには、小物アイテムに多く展開されているスイフト(※1)や、今では廃盤となってしまったヴォーガリバー(※2)など限られた素材と展開されています。
エルメス素材は高品質なものばかりです。その中でもスイフト素材は、高い耐久性をもつことから、使用頻度が高い小物類に多く使用されています。ケリードールはその愛らしい見た目が人気でもあり、その雰囲気を維持するために耐久性が高い素材が選ばれています。
ヴォーガリバーは、今では廃盤となってしまいましたが、艶やかな光沢感をもっています。また傷などにも強い性質なため、ケリードールの魅力を変化せず楽しめました。

※1「スイフト」・・・代表的な革素材であるヴォースイフトのこと。バッグ・小物類に使用される雄仔牛の革素材で、しなやかで柔らかい手触りが特徴的です。また柔らかく発色が良いことが特徴で、素材のしなやかさだけでなく、淡色のカラーはより柔らかく、濃度が高いカラーは色味がはっきりする素材。「ヴォーガリバー」の後継の素材。

※2「ヴォーガリバー」・・・質感はどちらかというとしっとりとしており、素材自体は非常に柔らかい雄の仔牛の革素材。くったりとしたその素材からは手に持った時の心地の良さなどを感じ、程よい光沢感や発色性にも優れておりますのでカラーでの製品展開も適している。

遊び心満載であるケリードールの構造とサイズ感

ケリードールの最大の特徴は、やはり顔や手のパーツでしょう。
くりっとした目に、眉と口がボディにデザインされ、クロア金具が鼻としての役割があります。またワイヤーで動かせる腕の先に、小さな手が。そして足を立たせるのではなく、座っているように付けることで、さらに人形の雰囲気をアップさせます。
愛らしい表情をするケリードール。ケリーバッグの特徴であるクロアを腕に見立てるだけではなく、ワイヤーを仕込むことで、様々なポーズと表情を楽しめます。

ケリードールのサイズはW16×H12×D6.5cmとなります。

通常のケリーバッグで展開されているサイズが、小さいのでもサイズ20となり、とてもコンパクトなサイズ感となっています。

バッグとしての機能もありますが、小ぶりなサイジングなため、ポーチやバッグのアクセサリーとしても人気なケリードール。多くのエルメスフリークは、本物の人形のように、インテリアとして飾る方もいらっしゃいます!!

   

現在市場に出回っているケリードールのタイプ

ケリードールがエルメスから発売されたのは、2000年と2015年の2回となります。
ですが例外もあります。それはエルメスのパーソナルオーダーを使用して、購入すると新品で自分の好みなケリードールが手に入ることができます。

しかしながらこちらの方法は、エルメスから認められた顧客しかできず、容易にできるものではありません。
また発売時期によってデザインや雰囲気も少し異なります。発売時期に分けてケリードールをご紹介しましょう。

発売時期で比較!ケリードールのデザイン

2000年

もっともオーソドックスなデザインである2000年生まれのケリードール。ケリードールの魅力を存分に味わいたいなら、2000年製造を選びましょう。

2015年製造

シンガポールが建国50周年を記念して製造したケリードール。エルメスレザーフォーエヴァーという展示会が開かれた2015年に、5つのケリードールが生まれました。
通常のケリードールにはない、シンガポールを彷彿させる色彩豊かなデザインが特徴的。

2015年以降

先にお伝えしました通り、エルメスに選ばれた顧客のみ購入することができる、スペシャルオーダーやパーソナルオーダーのケリードールが存在します。

2000年製造と似ていながら、2015年製造の様な新品でエレガントな雰囲気を楽しめます。
この他にも、人気なケリードールはカードケースや非売品のチャームとして展開されています。このことから、ケリードールは、エルメスにとって愛されているモチーフだ、ということがよくわかりますね。

気になるアチラ

やはり気になるのは価格ですよね!初めて耳にしたとき、個人的には度肝を抜かれました!!

ではいきますね。

2000年に初めて発売されたケリードール。

発売当初の価格は素材やお色によって多少は変動しますが、400,000~420,000円前後で購入できました。
2015年限定、パーソナルオーダーなど様々な方法で新品のケリードールが手に入ることが可能ですが、多くの方は2000年製造のものを、中古市場で購入しています。1年しか販売されず、しかも人気なケリードールはプレミアムな価値がついています。
状態やお色によって価格帯の変動はあると思いますが、ヴォーガリバーの中古ケリードールは、2,300,000~4,000,000円前後とかなり値が張ります。
またパーソナルオーダーや高級素材を使用しているケリードールは、6,900,000~10,000,000円前後で販売されていることもあります。

どうやって入手するの?

現在は廃盤となってしまったケリードール。今、欲しい!って方もいらっしゃると思います。

ではどうやったら手に入るのでしょうか。

方法は3つです!!

 

①直営店でオーダー

 ・メリット:自分好みのケリードールが手に入ります。

 ・デメリット:エルメスに選ばれた方しか、この方法を使うことができない

 

②クリスティーズオークション

 ・メリット:誰でも参加が可能。参加方法も会場だけではなく、オンラインや電話可能

 ・デメリット:1.落札後のキャンセルはできない
       2.落札価格だけでなく、オークション会社への手数料(バイヤーズプレミアム)として15~29%、諸税約8~15%(地方税・関税・付加価値税)
       3.作品発送にかかる費用は自己負担

 

③エルメス専門店(エルメスに特化した買取店)

 ・メリット:世界中の仕入れルートを持っていることが多く、他の買取店よりもレアアイテムやプレミアムアイテムが集まりやすくなっている。また廃盤になったカラーや、特別仕様のアイテムも購入できる可能性が高い

 ・デメリット:他のお店や直営店に比べると販売価格が高い傾向にある

まとめ

ケリードールについて、あらゆる視点から解説してきましたが、いかがでしたか?
エルメスのケリードールは、これまでのブランドイメージにあった上品さ、エレガントさをガラッと変えた、キュートで愛らしい雰囲気が特徴です。発売されて約20年ですが、その魅力と人気は衰えることを知りませんね。